ひこさか医院

名古屋市中村区の 泌尿器科 皮膚科 内科 外科なら ひこさか医院

〒450-0001 愛知県名古屋市中村区那古野1-46-15
TEL 052-551-0509
※上記QRコードを携帯で読み取っていただきますと、携帯サイトが閲覧可能です。 また、スマートフォンで読み取ると、スマートフォン専用サイトが表示されます。

~コラム~

オ◯ナインをつけないで受診してください。 2014.8.1

皮膚科に初診でかかられる方にお願いです。非常に有名な売薬ですが、有効成分の本体は消毒薬です。効能書きにも記載されてますが、湿疹やかぶれに使用するとさらに悪化しますし、水虫に使用すると診断が非常につきにくくなります。
キズに関しても洗った上で直後に1回使うくらいで十分で、連用はかえってキズの治りを遅くします。
オ◯ナインに限らず、皮膚病に塗り薬を使用してからの受診は診断に支障が出ます。できればそのままの状態で早く受診をお願いします。

 

糖尿病と泌尿器科の意外な関係 2013.1.29

泌尿器科の診療のなかで、しばしば、自分ではわからずに糖尿病になっている人を発見します。
何故泌尿器科にそういう人がみえるのか?

1:糖尿病は頻尿(正確には多尿)になる
血糖の高い状態が続くと体の中の水分を血液に引き寄せて尿として排出してしまいます。
結果尿量が増え、患者さんは
「最近ひっきりなしにトイレに行くなあ」
つまり頻尿を自覚して当院を受診されるのです。

2:糖尿病は免疫力を弱める(感染しやすくなる)
これは医師の中では常識なのですが、特に当院では(下世話な話で恐縮ですが)包皮(おチ◯チ◯の皮です)の腫れと痛み(炎症)がちっとも治らないという形で受診されます。
こういう患者さんに適切に血糖をコントロールしてあげると自然に炎症も収まって行きます。

心当たりの方、今すぐ血糖を測りにいらしてください。